広々快適なキッチンを手に入れる?掃除・収納の豆知識!

>

キッチンの歴史に触れる

とにかく乱雑なイメージ

単身者用の賃貸住宅の中にはキッチンが狭いタイプも存在します。この場合、どんなに自炊をしたいと思っても調味料やキッチン雑貨を置くスペースが無いので結局自炊出来ないパターンが多いです。

また当初は自炊なんてしないと思っていても、ある日突然料理がしたくなる事は珍しくありません。狭いキッチンにはデメリットはあれど、メリットはほとんどありません。強いて言えばリビングを含む居住空間が広く見える程度です。とはいっても既に契約してしまったので、キッチンを理由に引越しを考えるのもバカらしい。

そんな方はうまく収納をするだけで、キッチンをしっかり活用出来ます。もちろん収納だけでは無くこまめな清掃をする事で、料理がより楽しくなります。

動線が確保できないと危ない?

キッチンが狭いと単純に自炊への意欲が低くなるだけではなく、料理中にケガやアクシデントが起こるリスクが向上します。まず料理するスペースが限られていると動線が必然的に短くなります。短い中で多くの雑貨があると、動いている時にぶつかる危険性もあります。

量販店などにシンクに設置する事で、調理スペースを拡張するアイテムもありますがたてつけが悪いと料理がシンクにこぼれてしまう。または包丁を使っている時にズレてケガをしてしまうケースもあります。

動線をうまく確保出来ないとストレスを感じるので、結局のところ自炊をしなくなってしまいます。毎食外食やコンビニ、スーパーの出来合いだと栄養バランスが崩れ身体に良い影響を与えません。


この記事をシェアする